業務・試験対策

MEASURES

「任意後見契約」とは,端的に教えて

Q 「任意後見契約」とは,端的に教えて


A 「任意後見契約」とは,将来,委任者(本人)の判断能力が不十分な状況になったときに,委任者が信頼する人(受任者)に生活,療養看護及び財産の管理に関する事務を処理してもらうための契約です。「法定後見」との違いは,判断能力が不十分な状況になる前です。要するに「前」か「後」かです。