業務・試験対策

MEASURES

行政書士過去問解説 留置権判例

【行書一答】
【問題56】建物賃借人が賃料不払いにより賃貸借契約を解除された後に当該建物につき有益費を支出した場合、賃貸人による建物明渡請求に対して、賃借人は、 有益費償還請求権を被担保債権として当該建物を留置することはできない。【令和3年出題】

過去問解説は,こちら