業務・試験対策

MEASURES

行政書士試験 民法改正(見出し部分)

民法158条の条文は,改正前の見出しが(時効の停止)→改正後(時効の完成猶予)という文言に改正されたと覚えておくだけでよいと思います!加えて,「6箇月」という数字もね!もっと勉強したい人は,有名な最高裁判例

民法】
(未成年者又は成年被後見人と時効の完成猶予
第158条 時効の期間の満了前六箇月以内の間に未成年者又は成年被後見人に法定代理人がないときは,その未成年者若しくは成年被後見人が行為能力者となった時又は法定代理人が就職した時から六箇月を経過するまでの間は,その未成年者又は成年被後見人に対して,時効は,完成しない。

2 未成年者又は成年被後見人がその財産を管理する父,母又は後見人に対して権利を有するときは,その未成年者若しくは成年被後見人が行為能力者となった時又は後任の法定代理人が就職した時から六箇月を経過するまでの間は,その権利について,時効は,完成しない。


「どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま,現在に最善を尽くすことである。松下幸之助」,挑戦者募集中