業務・試験対策

MEASURES

業務妨害罪(刑法233条),威力業務妨害罪(刑法234条)

業務妨害罪において,「陰湿」「悪質」な事例が「偽計業務妨害罪」です🎇
例えば,虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて,人の業務を妨害をすることである。
判例として,「百貨店等に販売のため陳列されている寝具多数に多数の縫い針を差し込んだ事例,大阪地判昭63・7・21」,「外面から容易に窺えない程度に漁場の海底に障害物を沈めておき,漁獲不能にした場合事例,大判大3・12・3」,「駅弁が不潔・非衛生的である旨の不実の内容を記載した葉書を鉄道局課長宛てに郵送した場合,大判昭3・7・14」,「受信機などの入った紙袋を置いた現金自動預払機を占拠し続け,他の客が利用できないようにした場合,最決平19・7・2」等がある。