業務・試験対策

MEASURES

公務員試験神奈川県警 千葉県警レア過去問

【平成10年9月神奈川県警出題】
【平成11年9月千葉県警出題】

対流圏・成層圏・中間圏・熱圏・外圏のそれぞれの大気圏の特徴が出題されました。

地表から順に

【対流圏】(気温は下降・大気が上下方向・気温は高くなるにつれて100Mごとに0.6℃下がる。)

※ 対流圏と成層圏の境界を圏界面という。

【成層圏】(気温は上昇・ 大気は水平方向。紫外線を吸収するオゾンが分布。気温は高さともに上がる。真珠雲)出題

【中間圏】(気温は下降電離層のD層があり,D層は長波を反射。気圏中は最低でマイナス90度 気温は下がる。夜光雲

【熱圏】(気温は上昇電離層E層・F層があり、オーロラが見られる。遠距離の短波通信可能)

【外圏】(気温は上昇バン・アレン帯・放射能帯)


【試験ポイント】✨
ポイントとして,気温の下降・上昇部分が問われ,それから特徴が問われますので確実に覚えましょう🌸地表から順に
対流圏(下降)→成層圏(上昇)→中間圏(下降)→熱圏(上昇)→外圏(上昇)