業務・試験対策

MEASURES

ブロック塀,「建築基準法施行令」

地震によって,「ブロック塀」が倒壊し死者を出した事例は皆さんもご存知だと思われますが,この「ブロック塀」について,建築基準法施行令は以下のように定められています。建築基準法施行令に違反した「ブロック塀」をよく見かけますが,これは地震等の被害を考えない大ばか者です。自分自身が被害に遭うのであれば,何ら言うことがないのですが,ブロック塀倒壊による被害者はほとんどが他人様です。個人的な意見ですが,仮にお家を建築するとき,良い業者を選定する基準として高段のブロック塀ではなく,「フェンス柵」をお勧めする業者は,地震のことも考えた良い業者です。



(塀)
第62条の八 補強コンクリートブロック造の塀は,次の各号(高さ一・二メートル以下の塀にあつては、第5号及び第7号を除く。)に定めるところによらなければならない。ただし,国土交通大臣が定める基準に従つた構造計算によつて構造耐力上安全であることが確かめられた場合においては,この限りでない。
一 高さは,2・2メートル以下とすること
二 壁の厚さは,15センチメートル(高さ2メートル以下の塀にあつては,10センチメートル)以上とすること。
三 壁頂及び基礎には横に,壁の端部及び隅角部には縦に,それぞれ径9ミリメートル以上の鉄筋を配置すること。
四 壁内には,径9ミリメートル以上の鉄筋を縦横に80センチメートル以下の間隔で配置すること。
五 長さ3・4メートル以下ごとに,径9ミリメートル以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さの5分の1以上突出したものを設けること
六 第3号及び第4号の規定により配置する鉄筋の末端は,かぎ状に折り曲げて,縦筋にあつては壁頂及び基礎の横筋に、横筋にあつてはこれらの縦筋に,それぞれかぎ掛けして定着すること。ただし,縦筋をその径の40倍以上基礎に定着させる場合にあつては,縦筋の末端は,基礎の横筋にかぎ掛けしないことができる。
七 基礎の丈は,35センチメートル以上とし,根入れの深さは30センチメートル以上とすること。