業務・試験対策

MEASURES

「超過特別受益」とは

Q 「超過特別受益」とは,何でしょうか



A 「法定相続分」や「指定相続分」を超えて特別受益を受けている者です。すなわち,遺言や生前贈与などで相続分を超えている者のことです。例えば,遺産が1500万で,相続人は母と兄弟の合計3人の場合,兄は結婚費用として900万円の生前贈与を受けていた場合,特別受益を持ち戻した「みなし相続財産」は,1500万円+900万円=2400万円 「みなし相続財産」に「法定相続分」を乗じた各相続人の相続分は 母 2400万円×1/2=1200万円 兄弟 2400万円×1/2×1/2=600万円 これに特別受益を控除した具体的な相続分を算定。母 1200万円-0=1200万円 兄 600万円-900万円=-300万円 弟 600万円-0=600万円 この「-300万円」の部分のことです。また,この「-」部分の超えた「相続財産」は「相続分がないもの」として計算すればよいです。すなわち,「0」,また「-部分」について返還の必要もありません。