業務・試験対策

MEASURES

「動機の錯誤」の場合,どうすればよいか

Q 被相続人が借金をしているものと勝手に思い込み(実際はプラスだった。),「相続放棄」をした場合,「錯誤無効」の主張は認められるか。



A 認められる可能性があるだけで,認められるとは限りません。


このような「相続放棄の錯誤無効を主張」する場合は,直ちに「弁護士」に依頼すべきです。
民法】

(錯誤)
第95条 意思表示は,法律行為の要素に錯誤があったときは,無効とする。ただし,表意者に重大な過失があったときは,表意者は,自らその無効を主張することができない。