業務・試験対策

MEASURES

【民法第147条】(裁判上の請求等による時効の完成猶予及び更新)

第147条(裁判上の請求等による時効の完成猶予及び更新)
次に掲げる事由がある場合には、その事由が終了する(確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによって権利が確定することなくその事由が終了した場合にあっては、その終了の時から6箇月を経過する)までの間は、時効は、完成しない。
一 裁判上の請求
二 支払督促
三 民事訴訟法第275条第1項の和解又は民事調停法(昭和26年法律第222号)若しくは家事事件手続法(平成23年法律第52号)による調停
四 破産手続参加、再生手続参加又は更生手続参加
2 前項の場合において、確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによって権利が確定したときは、時効は、同項各号に掲げる事由が終了した時から新たにその進行を始める。


【改正法の内容】
※ 多岐にわたる中断事由について,各中断事由ごとにそに効果に応じて,「時効の完成を猶予する部分」は完成猶予事由と,「新たな時効の進行(時効期間のリセット)の部分」は更新事由に振り分けられた。承認→更新事由(152条),裁判上の請求など→完成猶予事由+更新事由(147条等),催告等→完成猶予事由(150条等)


「貸すときは、返ってこなくてもよいという気持ちで一言も言わずに貸す。田中角栄」,挑戦者募集🌸