業務・試験対策

MEASURES

行政書士試験民法改正【民法第1033条(居住建物の修繕等)】

第1033条(居住建物の修繕等)
配偶者は、居住建物の使用及び収益に必要な修繕をすることができる。
2 居住建物の修繕が必要である場合において、配偶者が相当の期間内に必要な修繕をしないときは、居住建物の所有者は、その修繕をすることができる。
3 居住建物が修繕を要するとき(第1項の規定により配偶者が自らその修繕をするときを除く。)、又は居住建物について権利を主張する者があるときは、配偶者は、居住建物の所有者に対し、遅滞なくその旨を通知しなければならない。ただし、居住建物の所有者が既にこれを知っているときは、この限りでない。


「嫌いなことをやれといわれてやれる能力は、後で必ず生きてきます。イチロー」,挑戦者募集