業務・試験対策

MEASURES

A区分 大卒千葉県警採用試験出題【過去問テーマ別】

【攻略ポイント】✨
短期間で公務員試験を突破するには,「過去」出題された分野の「テーマ」に触れることが大事です。「時事問題」以外は,傾向は変わりませんのでピンポイントで学習しましょう。そこで,今回は実際に「過去」に出題された一般教養の分野別の「テーマ」を再現します。暗記型の一般教養でもりもり点数を稼いで,残りの時間は「数的推理」「判断推理」「資料解釈」に時間をかけましょう。

1「千葉県警の試験傾向」について
(1)試験の区分は大卒警察官Aと高卒警察官Bがあります。
(2)試験は概ね「5月」と「9月」に実施されますが,「9月」の方は採用人数が少ないことから非常に難関ですので「5月」に受ける方がお得です。
(3)試験の傾向としては,公務員試験の標準型ですね。特に一般教養で「差」が出るところは,「地理」「地学」ですね。その理由は,勉強をしても中々伸びないのが「地理」「地学」です。したがって,「過去」の出題されたテーマに少しでも触れることが1次試験合格の秘訣です。


【平成11年9月大卒千葉県警】分野別【テーマ】再現

【憲法】「衆議院のみの権限」が出題されました。解答・・内閣不信任案
【憲法】私立学校の自由権についてが出題されました。


【民法】「即時取得」が出題されました。


【日本史】「新井白石」が出題されました。
【日本史】鎌倉時代の「親鸞」が出題されました。


【世界史】「コンスタンティヌス帝」が出題されました。


【生物】「血液」に関することが出題されました。


【地学】「成層圏」が出題されました。


【文学史】「森鴎外」が出題されました。


【時事】「人口増加について」が出題されました。


【地理】「ステップ気候」が出題されました。


【政経】「消費乗数」が出題されました。
【政経】「アダム・スミス」が出題されました。


【国語】「擬態語」が出題されました。