業務・試験対策

MEASURES

2011年8月9月「行政書士試験コメント」


【仮の義務付け・仮の差止め】受験生の皆さん,並びに相談者の方々お久しぶりです。行政書士の宜督です。いよいよ本試験前ですね。11月に行われる本試験の準備は,万全ですか。そこで今月は,本試験で狙われやすい箇所を抜粋してみます。平成16年行政事件訴訟法一部改正によって,義務付け訴訟における「仮の義務付け及び仮の差止め」が新設されましたね,条文を引くと

第37条の5(仮の義務付け及び仮の差止め)
義務付けの訴えの提起があつた場合において,その義務付けの訴えに係る処分又は裁決がされないことにより生ずる償うことのできない損害を避けるため緊急の必要があり,かつ,本案について理由があるとみえるときは,裁判所は,申立てにより,決定をもつて,仮に行政庁がその処分又は裁決をすべき旨を命ずること(以下この条において「仮の義務付け」という。)ができる。

「本案について理由がある」→積極要件

これに対して,

第25条4項(執行停止)
4.執行停止は,公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるとき,又は本案について理由がないとみえるときは,することができない。

「本案について理由がない」→消極要件

条文が少ないため,出題された場合は「ケアレスミス」をしないようにね。第33条(判決の拘束力)の規定も再確認しましょう!

第33条
処分又は裁決を取り消す判決は,その事件について,処分又は裁決をした行政庁その他の関係行政庁を拘束する。