業務・試験対策

MEASURES

2010年8月「行政書士試験コメント」

皆さん,こんにちわ。皆さんは「内容証明」って聞いたことがありますか。そこで,今月は行政書士の業務である「内容証明」についてお話したいと思います「内容証明」についてお話しする上で前提として「業として」,「内容証明」を作成することができる職業人は「行政書士」,「弁護士」のみです。そこで,皆さんがよく誤解されている「内容証明」について



1.「行政書士内容証明」と「弁護士内容証明」の違い
結論から申しますと「内容証明」は「内容証明」であって,大した違いなどはない。あえてあるとすれば,良い「内容証明」と悪い「内容証明」という事でしょうか。しかしながら,弁護士が作成しようが行政書士が作成しようが「内容証明」には変わりありません。無知な人が「内容証明」のその後についてよく語っていますが,これは「論旨」を混ぜこぜにしている典型的な無知な例です。全く別次元のお話です。訴えの提起を「起こすか」,「起こさないか」は別次元のお話ということ。そうすると,なぜ,上記のような事柄を題材にしているのかという疑義が生じる。
1.無知の知(愚か者であるのに自分は賢いと思い込み,そのように振る舞う者がいたら,それこそ本当の愚か者といわなくてはならない)さらに細かく分析すると,通常ありえないことであるが,自らの業務範囲を否定している人の場合 2.ペーパードライバー そうでなければ,自ら与えられた業務を放棄する理由など何もない。年々,巧妙化する非行政書士を排除していくためには,アジトの情報提供や活動家の調査のためには,国民のご協力が不可欠です。表現の自由を超えて威力業務妨害にあたる虞のある行為は,遠慮なく当事務所までメールでお知らせ下さい。