業務・試験対策

MEASURES

2010年3月・4月「行政書士試験コメント」


計画は、割り算ですること】皆さん,こんにちわ。「3月,4月」,待ちに待った「春」到来の季節ですね。計画は万全ですか。そこで今月は,計画について書き綴ります。皆さんは計画を立てる場合,どのような方法を採っていますか。私の場合は「割り算方式」です。まず,試験勉強を立てる場合,試験の「全体量」を分析し,本試験までの日数をはじき,それで「割り算」します。そうすることによって,「一日にどれくらいの勉強量になるか」考えることができます。決して足し算はしません。ただし,試験勉強の場合は「暗記」という曲者が付いているんですね。だから,「9ヶ月」の期間があろうが,「3ヶ月」だろうが,本試験まで「暗記」していなければ意味がないんですね。要するに記憶を定着させるためには,繰り返しが必然的に必要となるということです。例えば,「9ヶ月」時間のある人は,全体量を「3ヶ月」で制覇し,「3回」同じことを繰り返すことができます。「努力は実る」ので,がんばりましょう!法律系の試験を受験しようとする場合,初めに基本的な「連結語」を制覇しておくと条文がスイスイ頭に入りますよ。

1.「及び」と「並びに」
2.「又は」と「若しくは」