業務・試験対策

MEASURES

2007年8月「行政書士試験コメント」



【登竜門】毎日暑いですね。受験生にとって8・9月が「登竜門」だと思います。この時期の門をくぐれば道が開けるかもしれません。そこで今回は新試験対策の記述式対策を述べたいと思います。


【例題】クワガタ好きである甲は,乙から巨大ミヤマクワガタを購入した。しかし,巨大ミヤマクワガタが伝染病に感染していたため,他のノコギリクワガタにも感染してしまった。この場合は,甲は乙にどのような請求をなしうるか。40字程度で記述しなさい。※なお,ノコギリクワガタの損害については考えなくて良い。

まず,このような問題を見たとき,出題者が何を記述させたいのかを考える必要がある。特定物売買の原始的不能について,瑕疵担保責任,契約の解除,損害賠償請求を指摘する必要がある。何の試験にも言えることですが深入りすると,迷宮に迷い込んでしまう虞があるので,素直に考えたほうが良いと思います!因みに,売主の瑕疵担保責任(570条・566条)の条文は,少なくとも頭に入れておきましょう!記述対策は,択一の延長だと思います。あくまでも基本を大切にしたほうが良いです。暑い日が続いてますが,ここを乗り切れば合格は近いです。諦めずに頑張って下さい。努力は、実る!当事務所も熱意は最高でなければならないと思う今日この頃です。ファイト!


「未来とは、今である。マーガレット・ミード」,早速,挑戦者に成る!