業務・試験対策

MEASURES

行政書士試験 行政指導の用語の意義 特定の者

【行書一答】
【問題18】行政指導は、行政機関がその任務または所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため一定の作為または不作為を求める指導、勧告、助 言その他の行為であって処分に該当しないものをいい、その相手方が特定か不特定かは問わない。【令和元年出題】

【行政手続法(改正対応)】↓

第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
六 行政指導 行政機関がその任務又は所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為又は不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって処分に該当しないものをいう。


解答× 行政手続法2条6項「行政指導 行政機関がその任務又は所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為又は不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって処分に該当しないものをいう。」