業務・試験対策

MEASURES

愛知県警過去問【温帯低気圧と熱帯低気圧との違い】

【平成11年6月愛知県警出題】温帯低気圧と熱帯低気圧との違いが出題されました。

【試験ポイント】✨

ポイントとしては,温帯低気圧の特徴(だ円・形状大・前線を伴う)を覚えておけば試験は解けます。

【温帯低気圧と熱帯低気圧との違い】↓

1 温帯低気圧の等圧線がだ円であるのに対して,熱帯低気圧は円形【出題】

2 形状は温帯低気圧の方が大きい【出題】

3 温帯低気圧の方が規則正しく移動【出題】

4 温帯低気圧(前線を伴う,東側に温暖前線、西側に寒冷前線),熱帯低気圧(前線を伴わない)【出題】

5 熱帯低気圧の方が気圧傾度が大きく強い・中心気圧が著しく低い(風速17.2m/s以上のものを台風と呼ぶ)


試験でよく問われる高気圧と低気圧の違い

【低気圧】

風の向き(北半球)

1 反時計回り

2 上昇気流

3 天気が悪い


【高気圧】風の向き(北半球)

1 時計回り

2 下降気流

3 天気がよい