業務・試験対策

MEASURES

意外と知らない「漁業法」

『小学校教諭がウニ密漁 青森県教委が減給処分 3/27(火) 11:18配信 デーリー東北新聞社,青森県教委は25日、ウニを密漁し漁業法違反の罪で略式命令を受けた青森市内の小学校に勤務する男性教諭(57)を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にした。22日付。教諭は2017年7月27日午前10時40分ごろ、今別町の海岸でウニ37個(約2・9キロ)を採取。約1時間後に警察官から職務質問されて発覚した。教諭は同年12月26日付で罰金10万円の略式命令を受けた。県教委によると、教諭は過去にも数回、ウニを採取しており、「家族で食べる目的だった。(漁業法に)抵触するとは分かっていたが、周りもやっているから少しくらいならいいと思った」と話しており、本年度内に辞職する意向を示しているという。ほかに、同じ学校の女性職員に対するセクシュアルハラスメントで三八地域にある高校の男性講師(26)を減給10分の1(1カ月)に、自家用車で人身事故を起こした三沢市の中学校に勤める男性講師(32)を戒告処分にした。共に19日付。デーリー東北新聞社記事引用』



漁業法】
第143条 漁業権又は漁業協同組合の組合員の漁業を営む権利を侵害した者は,20万円以下の罰金に処する。
2 前項の罪は告訴がなければ公訴を提起することができない。

「告訴がなければ」とあることから,誰かから何回も警告されていた可能性があります。その警告した方が「告訴」されたのでしょう。いわゆる親告罪です。「パイ」が少ない問題に対して,日本人同士の争いですね。それに対し,他国の密漁はやりたい放題ですか🎇


「逆境も心の持ちよう一つで,これを転じて順境たらしめることもできる。高橋是清」,挑戦者募集!