業務・試験対策

MEASURES

建設リサイクル法の対象となる工事を具体的に教えて


建設リサイクル法の対象となる工事を具体的に教えて

1.特定建設資材が使われている構造物で
(1)コンクリート
(2)コンクリートと鉄から成る建設資材
(3)木材
(4)アスファルト・コンクリート

かつ

建築物の解体工事 規模の基準 床面積の合計 80㎡以上 
建築物の新築・増築工事 床面積の合計 500㎡以上
建築物の修繕・模様替等工事(リフォーム等) 床面積 1億円以上
建築物以外の工作物の工事(土木工事等) 請負代金の額 500万円以上