業務・試験対策

MEASURES

入国警備官過去問 平家物語文学作品の冒頭

【入国警備官プレミア過去問】

【問題】次の文は『平家物語』の一節であるが,A~Eに該当するものの組合せとして最も妥当なのはどれか。


祇園社者の鐘の声,の響きあり。娑羅双樹の花の色,の理をあらはす。人も,唯春の夢のごとし。者もつひにはほろこびぬ,偏に風の前の塵に同じ。遠く異朝をとぶらへば,秦の趙高,漢の王莽,梁の周伊,唐の禄山,是等は皆旧主先皇の政にもしたがはず,楽しみをきはめ,諌めをも思ひ入れず,天下の乱れむ事をさとらずして,民間の愁ふる所を知らざッしかば,して,亡じにし者どもなり。近く本朝をうかがふに,承平の将門,天慶の純友,康和の義親,平治の信頼,此等は心も事も、皆とりどりにこそありしかども,まぢかくは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人の有様,伝へ承るこそ,心も詞も及ばれね。


1 A諸行無常 B盛者必衰 Cおごれる Dをかしからず Eたけき

2 A諸行無常 B盛者必衰 Cおごれる D久しからず  Eたけき

3 A諸行無常 B勝者必衰 Cはかなき Dをかしからず Eおごれる

4 A所業無情 B盛者必衰 Cはかなき D久しからず  Eおごれる

5 A所業無情 B勝者必衰 Cはかなき D久しからず  Eたけき


【試験ポイント】✨

解答2

試験作成者の狙いは,【諸行無常】【盛者必衰】ですね。有名な文学作品の冒頭は,公務員試験ではたまに出題されます。したがって,有名な文学作品の冒頭は1回は目を通しましょうね。