業務・試験対策

MEASURES

偽計業務妨害罪を知りたい

『「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷、ネットで拡散 容疑の男女3人を書類送検 7/6(木) 11:11配信 産経新聞 「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷、ネットで拡散 容疑の男女3人を書類送検 西田敏行さん(宮川浩和撮影)(写真:産経新聞)俳優の西田敏行さん(69)を誹謗中傷する記事をインターネットのブログなどでまとめて拡散し、所属事務所の業務を妨害したとして、警視庁赤坂署は5日、偽計業務妨害容疑で、中部地方に住む40代の女ら男女3人を書類送検した。事務所や捜査関係者への取材で分かった。女の送検容疑は昨年5月ごろ、ネット掲示板や雑誌などから、西田さんが「違法薬物を使い、日常的に暴力をふるっている」などという内容の記事をまとめて自身のブログに転載して広く周知し、同7~9月、所属事務所の業務を妨害したとしている。赤坂署は実際には薬物などの使用の事実はなく、書き込みは虚偽の内容だと判断した。女は「人の興味を引くような記事を掲載して閲覧数を伸ばし、広告収入を増やしたかった」などと話しているという。赤坂署は同様の目的で自らが管理するウェブサイトなどに中傷記事を転載したとして、別の60代の男と40代の男の2人も同容疑で書類送検した。西田さんの事務所は昨年8月に同署に被害届を提出、ホームページに「書き込みは全くの事実無根。刑事、民事の責任追及を進める」などとする告知文を掲示していた。』



当職も長年のファンである「釣りバカ日誌」で有名な西田さんに対して,「虚偽の書き込み」をした被疑者ら。おそらく,加害者は「略式起訴」で「罰金」で前科が科せられることになるでしょう🎇被害に遭った西田さんに対して,深く反省し今後は罪を償ってもらいたいものです。個人的な意見として,被害者が有名人の場合は本件のようにマスコミは報道することに疑問が残ります。また「警察の動きが良い」と感じることが多いですが,「警察発表」でもしたのでしょうか。被害者が一般人の場合,警察は「あーだこうだ言って受理しない」時には刑事から「二重の被害」に遭う場合があります🎇よって,被害者は「告訴状」を行政書士等に作成してもらい,躊躇することなく提出することが一番の解決方法です🌸