業務・試験対策

MEASURES

令和3年度行政書士試験 一般知識

行政書士試験の一般知識対策】について

令和3年度行政書士試験の受験生の皆さん,お疲れ様でした🌸一般教養についてどのような対策をしたらよいのか等の質問が多いので,書き綴ります。ひとことで言えることは,ひたすら「過去問」を解きまくる!ここがポイントです!「過去問」と言っても,行政書士試験の「過去問」だけでなく,特に一般知識は他の公務員試験「過去問」にも触れるとレベルがアップしますよ。特に時事問題は幅が広く,何が出題されるかわからないので,とにかく,行政書士試験「過去問」+他の試験「時事」を解きまくりましょう!令和3年度で出題された「公的役職の任命」などは問題が作りやすいので,今後も似たような形式で出題されると思います。「誰々から任命」という部分は,問題を作る人にとっても,重要な部分ですもんね✨



【予想問題】

選挙管理委員は、選挙権を有する者で、人格が高潔で、政治及び選挙に関し公正な識見を有するもののうちから、普通地方公共団体の議会においてこれを選挙する。

【解答】○ 地方自治法182条


【予想問題】

検事総長は、年齢が70年歳に達した時に、退官する。

【解答】× 65歳 因みに,検察官は63歳

解説 検察庁法 検事総長は、年齢が六十五年に達した時に、その他の検察官は年齢が六十三年に達した時に退官する。


「少しずつ前に進んでいるという感覚は,人間としてすごく大事。イチロー」,挑戦者募集!