業務・試験対策

MEASURES

【民法第468条】(債権の譲渡における債務者の抗弁)

第468条(債権の譲渡における債務者の抗弁)
債務者は、対抗要件具備時までに譲渡人に対して生じた事由をもって譲受人に対抗することができる。
2 第466条第4項の場合における前項の規定の適用については、同項中「対抗要件具備時」とあるのは、「第466条第4項の相当の期間を経過した時」とし、第466条の3の場合における同項の規定の適用については、同項中「対抗要件具備時」とあるのは、「第466条の3の規定により同条の譲受人から供託の請求を受けた時」とする。


「謙遜とは、元来、道徳的完全性を伴った自らの価値の比較以外のなにものでもない。カント」✨過去問に挑戦したい人はこちら