業務・試験対策

MEASURES

「遺言書」作成について,証人,立会人になることができない者は

Q 「遺言書」作成について,証人,立会人になることができない者を教えてください。



A 証人,立会人になることができない者は以下のとおり,「未成年者(ただし,18歳以上で婚姻している者は成人とみなされます。)」,「推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族」,「公証人の配偶者,四親等内の親族,書記及び使用人」です。
※「推定相続人」とは,遺言者の相続人となる者です(遺言作成時に第一順位の相続人である人だけをいいます)。「受遺者」とは,その遺言により遺言者から財産の遺贈を受ける者です。

(証人及び立会人の欠格事由)
第974条 次に掲げる者は,遺言の証人又は立会人となることができない。

一 未成年者

二 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族

三 公証人の配偶者,四親等内の親族,書記及び使用人

※ 上記の者が遺言の証人又は立会人になった遺言は無効です。