業務・試験対策

MEASURES

「警察官が通勤で“特急タダ乗り”警察手帳を示し「公務です」20回ほど不正乗車」記事について

『警察官が通勤で“特急タダ乗り” 警察手帳を示し「公務です」20回ほど不正乗車1/25(木) 19:14配信 MBSニュース 大阪府警の男性巡査長が特急列車で何度も通勤しながらその料金を払っていなかったとして、懲戒処分されました。大阪府警によりますと、刑事部捜査第三課に所属する男性巡査長(当時30)は去年3月、同僚と飲酒して帰宅する際にJR大阪駅から特急列車の指定席を利用。車内での検札で警察手帳を示し「公務です」などと言って、特急料金1170円を支払いませんでした。しかし、巡査長が寝込んで乗り過ごしたため車掌が府警に確認したところ、公務でないことが発覚。巡査長は府警の調査に「座って帰りたかった」と話し、20回ほどの不正乗車を認めたということです。巡査長は「すり犯」の捜査が担当で、府警は「犯人を尾行している際に手帳を示して乗車することはあるが、原則切符は買わなければならない」と説明しています。MBSニュース記事引用』,

大阪府警は,「懲戒処分」よりも本来の「捜査」はしないのでしょうか🎇「20回ほどの不正乗車」とあることから,本人の供述のみ・・おそらく,立派な「車掌」さんたちはもっと奥深いものを知っていることでしょうね・・カメラ映像と照合すれば,この不正乗車の実態が必ず判ります。「始まり」がいつ頃だったのか等。元兵庫県議員の号泣会見を行った人は,詐欺で立件されたのに・・しかし,「車掌」さんは立派な人だ🌸



「そのことはできる,それをやる,と決断せよ。それからその方法を見つけるのだ。リンカーン」早速,挑戦者になる!