業務・試験対策

MEASURES

「悪質」という問題ではなく,「犯罪」

『沖縄県警は18日、複数の後輩警察官に「授業料だ」などと言ってキャバクラの飲食代など計約117万円を支払わせていたなどとして、宜野湾署の巡査部長(33)と糸満署の巡査部長(30)の男2人をそれぞれ停職6カ月と停職1カ月の懲戒処分にした。2人とも同日付で辞職した。また宜野湾署の巡査部長は公用パソコンを壊した器物損壊容疑、糸満署の巡査部長は後輩の顔を殴った暴行容疑で同日、書類送検された。県警によると2人は宜野湾署に所属していた2014~16年、後輩警察官延べ10人とキャバクラなどに行き、後輩1人当たり最高計47万円を支払わせていた。2人は無料通信アプリ「LINE(ライン)」でグループを作って飲食を繰り返し、後輩に飲食代などをおごらせていたという。宜野湾署の巡査部長は「仲間だから」と後輩7人に自分と同じメーカーの腕時計(約2万~4万円)を購入させるなどもしていた。今年1月に「後輩に飲食代をおごらせている警察官がいる」という内部告発があって発覚。県警監察課は「後輩警察官も進んで支払っているわけではなく、悪質だ」としている。【佐藤敬一】毎日新聞記事引用』,



この記事を読んで特に思った感想。一言で言うなら「幼稚」,具体的には『宜野湾署の巡査部長は「仲間だから」と後輩7人に自分と同じメーカーの腕時計(約2万~4万円)を購入させるなどもしていた。』という部分,理由が「仲間だから」という部分,「子どものお遊びの延長ですか」と言いたくなる。また,県警監察課も「後輩警察官も進んで支払っているわけではなく、悪質だ」じゃなくて,しっかり「恐喝」なのか,内部調査及び外部の第三者委員会など,支払わせた理由部分,すなわち,「ゆする」行為を徹底解明しなければ今後も同様の「被害者」がでることになるだろうね🎇