業務・試験対策

MEASURES

警察官「守秘義務違反」判決

『女屋泰之 2017年3月13日15時11分 情報漏洩の元別府署職員に有罪判決 追徴金30万円 捜査情報を漏洩(ろうえい)した見返りに30万円を受け取ったとして、加重収賄と地方公務員法違反(守秘義務違反)の罪に問われた大分県警の元別府署事務職員、後藤匡司朗(こうしろう)被告(27)の判決が13日、大分地裁であった。今泉裕登裁判長は懲役2年6カ月執行猶予4年、追徴金30万円(求刑懲役2年6カ月、追徴金30万円)を言い渡した。』とある。


特殊な地位にあった公務員でも,駄目なものは駄目。判断を下した裁判官は,すばらしい。権力に屈することなく,「悪いものは,悪い」と判断できる裁判官は,信頼される。