業務・試験対策

MEASURES

特別刑法においての親告罪

特別刑法とは,刑法以外の罰則を置く法律のことです。
特別刑法においての親告罪の例

著作権等の侵害罪
第123条 第119条,第120条の二第3号及び第4号,第121条の二並びに前条第1項の罪は,告訴がなければ公訴を提起することができない。

2 無名又は変名の著作物の発行者は,その著作物に係る前項の罪について告訴をすることができる。ただし,第118条第1項ただし書に規定する場合及び当該告訴が著作者の明示した意思に反する場合は,この限りでない。

第119条 著作権,出版権又は著作隣接権を侵害した者(第30条第1項(第102条第1項において準用する場合を含む。第3項において同じ。)に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者、第113条第3項の規定により著作権若しくは著作隣接権(同条第4項の規定により著作隣接権とみなされる権利を含む。第120条の二第3号において同じ。)を侵害する行為とみなされる行為を行つた者、第113条第5項の規定により著作権若しくは著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者又は次項第3号若しくは第4号に掲げる者を除く。)は,十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し,又はこれを併科する。

2 次の各号のいずれかに該当する者は,五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し,又はこれを併科する。

一 著作者人格権又は実演家人格権を侵害した者(第百十三条第三項の規定により著作者人格権又は実演家人格権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者を除く。)

二  営利を目的として,第30条第1項第1号に規定する自動複製機器を著作権,出版権又は著作隣接権の侵害となる著作物又は実演等の複製に使用させた者

三 第113条第1項の規定により著作権,出版権又は著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者

四 第113条第2項の規定により著作権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者

3 第30条第1項に定める私的使用の目的をもつて,有償著作物等(録音され,又は録画された著作物又は実演等(著作権又は著作隣接権の目的となつているものに限る。)であつて,有償で公衆に提供され,又は提示されているもの(その提供又は提示が著作権又は著作隣接権を侵害しないものに限る。)をいう。)の著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて,国内で行われたとしたならば著作権又は著作隣接権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を,自らその事実を知りながら行つて著作権又は著作隣接権を侵害した者は,二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。