業務・試験対策

MEASURES

民法に定められている「相続分」

「遺言」がないような場合(民法902条)は,民法では下記のように「相続分」は定められています。



【民法】第二節 相続分
(法定相続分)
第900条 同順位の相続人が数人あるときは,その相続分は,次の各号の定めるところによる。

一 子及び配偶者が相続人であるときは,子の相続分及び配偶者の相続分は,各二分の一とする。

二 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは,配偶者の相続分は,三分の二とし,直系尊属の相続分は,三分の一とする。

三 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは,配偶者の相続分は,四分の三とし,兄弟姉妹の相続分は,四分の一とする。

四 子,直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは,各自の相続分は,相等しいものとする。ただし,父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は,父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。※「配偶者」は常に相続人となり,また,「配偶者」以外の法定相続人には上記のように「順位」があります。
「相続分の算定」要約

「配偶者」と「子」が相続人の場合 「配偶者」1/2 「子」1/2

「子」がおらず,「配偶者」と「直系尊属」が相続人の場合 
「配偶者」2/3「直系尊属」1/3

「子」「直系尊属」もいない場合,「配偶者」と「兄弟姉妹」が相続人の場合「配偶者」3/4「兄弟姉妹」1/4

「子」・「直系尊属」・「兄弟姉妹」がいない場合 「配偶者」が全部

「子」「直系尊属または兄弟姉妹」が数人いる場合 一人当たり均等