業務・試験対策

MEASURES

最高裁判例,昭和60年1月22日, 一般旅券発給拒否処分取消等

有名な判例は,繰り返し出題されるので重要なポイントだけ押さえましょう!

因みに,令和3年度行政書士試験に出題された判例は,過去の公務員試験(国税)で何度も出題されている定番です🌸



【最高裁判例,昭和60年1月22日, 一般旅券発給拒否処分取消等】


判事事項】

一般旅券発給拒否処分が理由付記の不備のため違法とされた事例


【裁判要旨】

 一般旅券発給拒否処分の通知書に、発給拒否の理由として、「旅券法一三条一項五号に該当する。」と記載されているだけで、同号適用の基礎となつた事実関係が具体的に示されていない場合には、理由付記として不備であつて、右処分は違法である。



【令和3年度,本試験問題12肢の5】


答え ×