業務・試験対策

MEASURES

「任意後見受任者」,「任意後見人」

「それぞれの呼称と位置関係の把握」,物事を正確に理解する上で重要なのが条文上に記載されている文言を理解することです。
任意後見契約に関する法律上の呼び名,「任意後見受任者」,「任意後見人」
① 任意後見契約における委任者は,「本人」と呼称されています。それに対して,任意後見契約における受任者は,「任意後見監督人」の選任前は,「任意後見受任者」と呼称されます。「任意後見監督人」の選任後(効力発生)後は,この「任意後見受任者」の呼称が「任意後見人」と呼ばれます。